So-net無料ブログ作成

(20) 習慣過去

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにて送らせていただいています。

家に帰るとすぐに水浴びをして半袖半ズボンになってベッドで横になるのですが、先日ルームメイトのおじさんに足を思いっきり叩かれました。
何か悪いことしたかな、と驚いておじさんの方を見るともう一回叩かれました。
彼が叩いている先には黒い点が。僕のホクロです。自慢になるかどうかは分かりませんが僕の体はホクロだらけです。小学生のころ鏡を見ると顔に36個ありました。それ以降は数えていませんがホクロの平均所持数(所持?)は20~30だそうで、僕はホクロに関しては並々ならぬ才能を持っているようです。
おじさんはすぐに謝ってくれましたし僕もたまにアリや蚊に見間違えて焦ることがあるので叩かれたことには問題ありません。
ヒンディー語でホクロは「ティル(til)」で「ゴマ粒」という意味になります。
ホクロと言えば占いが盛んですが僕としてはガン化の方が気になります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

前回は現在形についてのご紹介をさせていただきました!
なので今回は現在形とほぼ同じ表現で表せる過去形についてのご紹介をしていきたいと思います。

まず過去を表すには「習慣過去」と「完了」の2つがあります。
習慣過去は「(当時)~していた」で英語でいう‘I used to ~‘のようなものです。
完了形は「~した」でシンプルに過去にしたことを表すときに使います。

今回は上の習慣過去についてのご紹介です。
まず前回のおさらいですが、現在形は「未完了分詞+コピュラ動詞の現在形」です。
未完了分詞とは動詞「○○ナー」の「ナー」を変えて「ター」にして「○○ター」で表すものです。
この「ター」には活用があり、

男性・単数→ ター (taa)
男性・複数→ テー (tee)
女性・単数→ ティー (tii)
女性・複数→ ティーン (tiin)

となります。

それで、過去形(習慣過去)の作り方は「未完了分詞+コピュラ動詞の過去形」です。
コピュラ動詞の現在形は「フン・へ・ヘン」です。
コピュラ動詞の過去形は以下の通りになります。

男性・単数→ ター (thaa)
男性・複数→ テー (thee)
女性・単数→ ティー (thii)
女性・複数→ ティーン (thiin)

です。
そうなのです、未完了分詞の活用と一緒なんですね。
ただコピュラ動詞の過去形の「ター・テー・ティー・ティーン」は有気音でちょっと強めに発音してあげます。
ということで非常に簡単です。動詞の活用語尾を繰り返せば習慣過去を表せるのです。

男性・単数

・マェン ジャーパン メン ラヘター   ター   Main Japan men rahataa thaa 
(私は) (日本) (に)(住んで)(いました)  私(男性)は日本に住んでいました。

「メン」は後置詞で`in`の意味ですね。
それで動詞「ラヘナー(rahanaa,滞在する)」の主語が男性・単数なので「ラヘター」となり、コピュラ動詞も主語が男性・単数なので「ター」になります。

男性・複数

・アープ  ローグ  カハーン ラヘテー テー?  Aap loog khaam rahatee thee?
(あなた)(人々)(どこに)(住んで)(いました) あなた達はどこに住んでいたのですか?

「アープ」は「あなた・あなた達」の両方の意味があるので複数だと強調したいときには「ローグ(loog,人々)」を加えて「あなた達」にします。
動詞「ラヘナー(rahanaa)」は主語が男性・複数なので「ラヘテー」となり、同じ理由でコピュラ動詞も「テー」となります。
複数にした場合、その集団に一人でも男性がいると「男性・複数」として扱われます。
そのため「女性・複数」は100%女性の集団に対してしか使いません。
ただ最近は女性一人でも主語を「ハム(ham,私たち)」にして活用も男性・複数にする人が増えてきているので、この「男性・複数」が一番使用頻度が高いと思われます。

女性・単数

・アーシャー  ヴァハーン ペー カーム カルティー ティー Aaśaa vahaam par kaam kartii thii 
 (アーシャーは)(そこで) (仕事を)(して)(いました)アーシャーはそこで仕事をしていました。

「ヤハーン(ここ)」「ヴァハーン(そこ)」「カハーン(どこ)」ですね。「ペー」は後置詞「パル(~で、~の上で)」のデリー訛りです。
動詞「カルナー(する)」は主語が女性・単数なので「カルティー」となり、コピュラ動詞も「ティー」となります。


女性・複数

・メーリー マーター ジー ウス スクール メン スィークティー ティーン   
(私の)(母)(さんは)(あの)(学校)(で)(勉強して)(いました)
Meerii maataa jii us school men siikhtii thiin 私の母はあの学校で勉強していました。

所有格「メーラー(meeraa,私の)」が次に来る女性名詞「マーター(maataa,母親)」を受けて「メーリー」と活用されています。
「マーター ジー」で「お母さん」、「ピター ジー(pitaa jii)」で「お父さん」となります。そしてこれを組み合わせた「マーター ピター (ジー)」で「両親」になります。「ジー」は「~さん」です。「はい」という返事でも使えます。
日本では「お父さんお母さん」という順番で言うかと思いますが、ヒンディーでは逆なんですね。
「ウス」はもともとの形は「ヴォ(あれ・あの・彼・彼女)」で「スクール」を修飾しています。それで「スクール」の後の後置詞「メン」に影響されて「スクール」が後置格になり、「スクール」が後置格になったので「スクール」を修飾している「ヴォ」も後置格になり「ウス」となっています。
動詞「スィークナー(学ぶ)」の主語が女性・複数なので「スィークティー」となり、コピュラ動詞は女性・複数の過去形で「ティーン」がつきます。
「マーター ジー」は単数ですが目上の方なので尊敬の意味合いをこめて複数扱いにます。

以上が習慣過去の使い方になります。
これと現在形を組み合わせて、

・マェン ジャパン メン ラヘター ター、レキン アブ バーラット メン ラヘター フン 
Main Japan men rahataa thaa, lekin ab Bhaarat men rahataa huun
私は日本に住んでいましたが今はインドに住んでいます。

のような文章ができます。場所は適当に変えてもらえれば使い勝手がいいと思います。
「レキン(lekin)」「パル(par)」「パラントゥ(parantu)」などが「しかし」です。
「レキン」が一番口に出やすいかと思います。

現在形・過去形が分かれば相手がいつの話をしてるかが分かり誤解が起きることも減るかと思います。
コピュラ動詞の「ター・テー・ティー・ティーン」も頭の隅に入れておくといざという時に便利だと思うので覚えてもらえれば。

・マェン ヤハーン ター! Main yahaam thaa 僕はここにいたよ!

のように他の動詞を伴わずとも`I was here`のように使えます。

今回も最後までお読みくださりありがとうございます!
何かありましたらご連絡ください!
それではこれからもよろしくお願いします!

松田琢哉
単語帳(20).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

(21) ~して・・・

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにてお送りしています。

最近家にヤモリが多いのでヤモリを調べるとすごいですね。彼らの指先は吸盤ではなく細かい毛でファンデルワールス力、分子間力が働いているとのことでスルスルと動けるそうです。蝿や蜘蛛も同じ原理で壁を登るのだとか。それでヤモリについて聞くと、毒を持っていて触れるだけでも肌がただれるんだ、俺は見つけたらすぐにスプレーでやっつけるよ、となかなかキツイあたりをしている人も。ただ日本でも広島・山口のあたりでは「しちぶ・ひちぶ」とも呼ばれ、噛まれたら腕の七分まで毒でやられてしまうからなんだとか。僕としてはイモリと混同してるんじゃないかなぁと思います。ヤモリはヒンディー語で「チプカリー」で動詞「チプクナー(隠れる)」から来ています。イモリの写真を見せてヒンディー語でなんて言うのか聞いてみると、「チプカリー」と答えたのでやはり混同しているのでしょう。
ヤモリの天敵はフクロウで窓を開けているとヤモリをめがけて飛んでくることもあるんだとか。フクロウがヤモリを食べても死なないのに、ヤモリは人を殺すほどの毒を持つ、というのは少しおかしいですね。フクロウはヒンディー語で「ウッルー」で「馬鹿」の象徴です。昼間は寝てて夜になると行動する様子が不良少年に通じるとことがあるようです。「ウッルー カー パッター」で「フクロウ(馬鹿)の息子」で悪口です。使うことはないと思いますが使われることはもしかしたら有り得るので頭の片隅に置いておいてください。
ヤモリとトカゲの違いはヤモリにはまぶたがなくて、トカゲにはまぶたがあるそうです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

前回、前々回と習慣現在・習慣過去のご紹介をさせていただきました!
というのも今回の表現をご紹介したかったからです!
その表現とは「~して・・・」という動作の連続の表現です!

例えば、「彼はさようならと言って立ち去った」のようなもののヒンディー語での表現です。
この表現を覚えておくと、何かヒンディー語で話しかけてこられた時に指示内容が1つではなく複数のプロセスが必要なのだと分かります。
その時に知らない動詞も出てくるかと思いますがジェスチャーなどを交えて意思の疎通を図ってください!

ということでその接続の仕方についてですが2通りあります。
「カル(kar)」と「ケー(kee)」の2つです。
使い方としては、動詞の「○○ナー」の「ナー」を「カル」または「ケー」にするというものです。
2つある理由としては、動詞「カルナー(する)」に「カル」をくっつけると「カルカル」になって変だからです。
もう少ししっかりとした理由があるかもしれませんが主な理由はそれだと思います。

それでは例と共にご紹介しますね

例) アープ  ディッリー アーカル   コンノート・プレース ペー ラヒエー   
(あなたは)(デリーに)(来てから)(コンノート・プレース)(に)(滞在してください)  
Aap Dilli aakar Connaught Place par rahiee
デリーにきたらコノートプレースに泊まってください。

「アーカル」は動詞「アーナー(aanaa,来る)」に接続助詞の「カル(kar)」がくっついて「アーカル」、「来てから、来たら」となります。
「ペー」は後置詞「パル(on)」のデリー訛りですね。
「ラヒエー」は動詞「ラヘナー(rahanaa滞在する)」の丁寧な命令形です。

・「メトロの車内アナウンス」

例)クリパヤー ダルワーゾーン セー ドゥール ハットゥカル カレー   ホーン      
  (どうか)  (ドア)  (から) (離れて)    (立っている)(であってください)
Kr̥payaa darwaazoon se duur haṭkar khaṛee hoon
ドアから離れてお立ちください
「クリパヤー」は何かお願いする前に付けます。

・クリパヤー デャーン セー スニエー   Kr̥payaa dhyaan se suniee
どうかしっかりと聞いてください。
「デャーン(dhyaan)」が「注意」という名詞で「ラクナー(rakhnaa,置く)」を伴った「デャーン ラクナー」で「注意を払う」という意味になります。
それでそこに後置詞「セー」がくっついて「デャーン セー」で「気をつけて」という副詞になります。
「スニエー」は「スヌナー(聞く)」の丁寧な命令形です。「スニエー」はガイドブック等では「すみません」として紹介されていることが多いですが、
文字通りにいくと「聞いてください」です。

「ダルワーゾーン」は「ダルワーザー(扉)」の複数・後置格です。電車のドアは両開きなので複数形となり、ただの複数形なら「ダルワーゼー」と変化するのですが、後ろに後置格「セー(~から)」を伴うので、ただの複数形から後置格の複数形に形を変えて「ダルワーゾーン」となります。
ということで、「ダルワーゾーン セー」は「ドアから」になります。

「ドゥール」は「遠い」という意味です。
・ジャーパーン バーラット セー バホット ドゥール へ Japan Bhaarat se bahut duur hai 
  日本はインドからとても遠いです。
「セー」は「~から」という意味ですね。
「ドゥール」はこのような使い方をします。
今言うと混同しそうですが、「牛乳」は「ドゥードゥ(duudh)」です。
インドの二大叙事詩の1つ「マハーバーラタ」の登場人物にドローナ・アーチャリヤという弓の先生が出てくるのですが、彼が貧しい頃息子にドゥードゥ(牛乳)をねだられても牛乳を買うお金も無かったので、小麦粉を水に溶かした小麦粉水を牛乳だと言って息子に与えるという場面があります。普通にばれると思うんですけどね。
「ハットゥカル」は動詞「ハトゥナー(離れる)」に接続助詞の「カル」がくっついた形です。

「カレー」は形容詞「カラー(立っている)」の複数形です。乗客の皆様にということで複数形なのか、乗客の皆様一人一人に対して敬意を表して尊敬の意味の複数形なのかどうかは分かりませんが複数形の「カレー」です。
「ホーン」は「ホーナー(~である)」の叙想法不定未来だとかサブジャンクティブだとか不確定未来と呼ばれる形のもので未来の不確定な事柄にして依頼だとか禁止だとかを表すものです。これも説明しだすと少し長くなりますのでまたの機会にご紹介させてもらいます!

ということで
・クリパヤー ダルワーゾーン セー ドゥール ハットゥカル カレー ホーン
です。

このように色々と文をつなげることができます。
「カル」と「ケー」どちらを使っても大丈夫ですが「カル」の方がしっかりした文章っていう感じがします。

・ヴァハーン ジャーカル アーラーム カロー Vahaam jaakar aaraam karo

・ヴァハーン ジャーケー アーラーム カロー Vahaam jaakee aaraam karo

両方とも「そこに行って休みなさい」です。意味は全く同じです。
「ケー」の方が言いやすいですけどね、やっぱり「カル」の方が丁寧な感じがします。

それでですが、日本語の表現のように「~してきて」や「~してみて」なども「カル」「ケー」で表せます。

・カーム カタム カルケー アーオー   Kaam khatam karkee aaoo 
(仕事を)(終了)(して)(きて)  仕事終わらしてきて~

・アェセー  カルケー デーコー?    Aisee karkee deekhoo   
(このように)(やって)(みて) こうやってみたら?

上のような使い方です。「カルナー(する)」に関しては接続助詞には「ケー」しか使わないので、「カルカル」とはしないでください。

他にも慣用表現的に

・ハート ジョールカル haath jooṛkar

「ハート(haath)」は「手」です。ここから派生して「ハーティ(haathi)」にすると「象」になります。鼻じゃなくて手なんですね。
「ジョールナー(jooṛnaa)」が「合わす」や「くっつける」という意味があり、
「ハート ジョールカル」で「手を合わせて」→「お願いですから・・・」というふうになります。
ただ字的には「手を合わせて」ですが実際に手を合わす必要はありません。
こうやって言うの?って確認したら笑われました。
その後、その言い方は知ってるけど古臭いドラマ・映画でしか言わないし聞かないよ、と言われたので
もう死語のようです。

・イエ ソーチュカル yah soockar

「イエ」は「これ、この、彼、彼女(近称)」です。
「ソーチュナー(soocnaa)」が「考える」です。
ということで「こう考えて・・・」と言う意味になります。
英語で言うと`After thinking that...`のような感じです。

・チョールカル chooṛkar

これは動詞としてなのかもうそういう副詞としてなのかは分かりませんが「~以外に」という意味です。
「チョールナー(chooṛnaa)」が「捨てる」という意味で、「もういいや、気にしないで」を「チョーロー」と言います。`Leave it`のような意味です。
それで「A チョールカル」で「Aを除いて」や「A以外に」という使い方です。

例)イエ チョールカル アープ コー キャー チャーヒエー?
Yah chooṛkar aap koo kya caahiee?
「これ以外に何が欲しい(必要)?」という意味です。
「チャーヒエー」もご紹介しましたね。
「‘人‘ コー ‘物‘ チャーヒエー」で「‘人‘に‘物‘が必要だ」「‘人‘は‘物‘を欲している」という使い方です。


以上、「カル」「ケー」の使い方をご紹介しました!
ヒンディー語を話す場面は少ないかもしれませんが、ヒンディー語を聞く場面は多いと思います。
リキシャに乗ったときにでも「レフト ジャーケー スィーダー(siidhaa) ジャーオー(左に行ってまっすぐね)」のように使うこともできると思います!
日々の生活のちょっとした楽しみにヒンディー語を使ってみてはいかがでしょうか。
今回も最後までお読みくださりありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!
 
松田琢哉
単語帳(21).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

(22) お買い物

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにてお送りしています。

会社へ向かう道のりでのBGMは自動車のクラクションですが、インドに来たばかりの頃は本当にこの騒音が嫌でした。クラクションなんて鳴らす必要ないんじゃないの、という不満がものすごく溜まっていたのです。ただ最近思うのはクラクション鳴らさないほうがかなり危ないですね。すぐ脇をクラクションなしにスクーターが走っていったときはほんとに驚きました。
果たしてクラクションを鳴らす側が危険運転者なのか、鳴らされる側が危険運転者(危険歩行者?)なのかを考えようと思い観察してみてもルールが無きに等しいのでみんな危険運転者に見えます。というよりクラクションがどの車からなのかも分かりづらいほどの混雑なので視点を変えることに。メトロの乗換駅で駅と駅との間にある一方通行の橋を自動車の運転手になりきって歩いてみようという試みです。
これをしてみて、なるほどクラクション押したくなるな、と思いました。なんでそんなにゆっくり歩くの?後ろのおじさん突っ込んでくるやん!とか、なんでまっすぐ歩かずに斜めに歩いてくるんよ!とか、いきなり止まらんといて!とか、こっち向いて歩いてきたらあかんやろ!などなど。
ただ前を歩いている人は、後ろの人が来てるから、などとは思っていない様子。
ゆっくり歩きたいからゆっくり歩く、速く進みたいから速く進む。この妥協点がないのがあのクラクションの応酬の原因なんだろうなぁと思いました。
あくまで歩行者を見てなので運転手さん達の心理とは違うかもしれませんし、日本視点も入っていると思うので実際のところは違うのかもしれませんが割りと的は射てるんじゃないかなぁと思います。
歩行者用クラクションが開発されて普及したらもの凄いことになりそうですね。
あと当たり前のことなのかもしれませんがクラクションは後ろの車の人しか鳴らさないんですね。
鳴らしはするけど鳴らされることは考えてないのかなぁと思います。
我先に!我先に!とメトロのドアに押しかけるのに、他の人を後ろに引っ張って邪魔をしたりしないのも不思議だなぁって思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

前回、前々回、前々々回と文法が続いたので今回はシンプルな会話表現をご紹介していきたいと思います!
買い物のシーンでご紹介していきます!

買い物と言えば「~がほしい」なので以前ご紹介した「~チャーヒエー」を使うことで「~が欲しい・必要だ」になります。
他の言い方では「チャーへナー(~したい)」を使って、

・ムジェー  エーク キターブ チャーヒエー  Mujhee eek kitaab caahiee
(わたしに)(1つの)(本が)(必要だ)    本が一冊欲しいのですが。

・マェン  イス  キターブ コー デークナー チャーヘター フン  
(私は)(この)  (本)(を) (見て) (みたい) (です) この本を見せてください
Main is kitaab koo deekhnaa caahataa huun

上の2文を連続で言えば、店員さんもちょっと身構えて「この人は本を買うのに慣れているな」と値段をふっかけてこないかもしれませんね。
「キターブ(本)」はペルシャ語由来の単語で、イスラム圏で広範囲で通じます。トルコ語やウイグル語でも「キタ(ー)ブ」です。
サンスクリット由来のもともとのヒンディーでは「プスタック(pustak)」です。
ヒンディー語では「(アー)ライ」をつけると場所を表す単語に形が変わります。
なので「プスタック(本)」にくっつけて「プスタカーライ(pustakalay,図書館)」、「ヒマラヤ」も「ヒマーライ(himaalay)」で「雪の場所」という意味です。
他には「ヴィシュワヴィッディヤーライ(viśvavidyaalay)」で「学問の場所」で「大学」などなど。

「チャーへナー(~したい)」の使い方は「動詞の原形+チャーへナー」です。
その動詞のヒンディー語が分からない場合は「use カルナー チャーヘター フン」のようにごちゃ混ぜで伝わると思います。


買い物中にそもそも欲しいものがあるかどうか確認したい場合は

・キングフィッシャー へ キャ?  Kingfisher hai kyaa?
キングフィッシャーありますか?
のようにコピュラ動詞と疑問文を作る「キャー(何、どんな、?)」と一緒に言えば伝わると思います。
「キングフィッシャー?」だけでも十分だとは思いますがそれなら世界中どこでも伝わると思うのでインドならでは、みたいな感じで使ってみてください。

色々見せてもらった後にまだ見たい場合は

・アゥル クチュ へ?  Aur kuch hai?
まだ何かある?
「アゥル」は`and`という意味があり「これとこれと」のようなときに使ったり、「さらに」という意味もあって形容詞にくっつけて比較級のような使い方もします。
「クチュ」は`something`という意味があり、インド映画で「クチュ クチュ ホーター へ」という映画があります。
「ホーター」は動詞「ホーナー(hoonaa,~が生じる)」の未完了分詞で、コピュラ動詞の現在形を伴っているので「何かが起きてるよ~」ぐらいの意味です。
なので、何か楽しいことがあって誰かに「キャー フアー?(kyaa huaa,何かあったの?)」と聞かれたら「クチュ クチュ ホーター へ」と答えると喜ばれます。
ヒンディー語を話した、というのとインド映画を知っているというのが相まって喜んでもらえると思います。
この映画は僕も見ていませんが、シャールック・カーンが出てる、っていう情報があればそれだけで追撃は避けられると思います。

商品を買う段階になって値段を聞かねばなりませんね。

・ キトネー  カー  へ?  kitnee kaa hai
(どれぐらい)(の)(です) いくらですか?

「キトナー(どれぐらい)」という程度・量をたずねる疑問詞に後置詞「カー(~の)」がくっついて後置格となり「キトネー」になっています。
他に距離を聞く場合には「キトナー ドゥール へ?(kitnaa duur hai?)」で「どれぐらい遠いの?」になります。
値段を聞く場合はこの「カー」が大事なので忘れずにくっつけてください。
「カー」をつけないと「何個?」と聞いていることになるので売り手も頭がこんがらがります。

値段を決める際自分がこれだけ払うだけの価値があると感じたなら値段交渉もせずにお金を払えば良いと思いますが、大体は高すぎます。
なので安くするにはまず「After Discount?」と聞きます。
そこで割引後の値段を聞いてからの値段交渉になります。
よく分からないのが「After Discount?」と聞くだけで値段を下げてくれる場合があるので、下げてもらったならそこからまた下げる方向に話を進め、下げてもらえなかっても下げる方向に話を進めていきます。

・カム カロー kam karoo 安くしてよ

「カム(kam)」は「少ない」という意味で、値段に関しては「安く」になります。
逆に「高い」は「マヘンガー(mahangaa)」です。
「カロー」は「カルナー(~する)」の命令形です。

値段が質に合わないと思ったら、

・キョーン  イエ   アエセー マヘンガー へ キャー? Kyoon yah aisee mahangaa hai kya?  
(なぜ)(これは)(こんなにも)(高い) (です)(か) 「なんでこんなに高いの?」

と聞いて色々説明してもらって納得がいけばそこで購入を決めて、まだ納得がいかなかったら

・マェン ドゥースレー ドゥカーン ジャーウンガー  Main duusuree dukaan jaauungaa
(私は)(他の) (お店に) (いくつもりです) 「他のお店に行きますね」

「ドゥースラー」は「別の、2つ目の」という意味があります。数字の「2」の「ドー」から来ています。
「ドゥカーン」が「お店」で、「ドゥカンダール(dukaandaar)」で「店員さん」です。

この時さらに値段を安く言ってくる場合もありますし、時間に余裕があるなら他のお店にも実際に行ってみて
「さっき行ったお店(店名が言えればなお良し)では1000ルピーだったけどここではいくらなの?」
でここでも安くしてもらって1件目のお店に戻って
「あそこのお店(店名つきで)では800ルピーだったけどここではいくらになるの?」と聞いてもともと買いたかった商品をゲットするのもありだと思います。
というやり取りをするといいよ、とルームメイトのおじさんから教わりました。

なので、流れとしてはこのような感じになるかと思います。

「バイヤー イエ キトネー カー へ?」
Baiyaa yah kitnee kaa hai?
「500 ルピー」
Paanc sau rupaee
「500 トー マヘンガー へ。 クチュ カム カロー?」
Paanc sau to mahangaa hai. Kuch kam karoo?
「480 ルピー」
rupaee.
「アゥル クチュ カム カロー」
Aur kuch kaam karoo
「ナヒーン 480」
Nahiim Car sau assi
「キョーン イエ アェセー マヘンガー へ?」
Kyoon yah aisee mahangaa hai?
「キョンキー イエ トー カシミール セー へ」※「キョンキー」は「キョーン(なぜ)」に対する「なぜなら、だって」です。
Kyoonki yah to kaśmiir se hai
「サチムチ?」(本当に?)
Sacmuc?
「ハーン」
Haam
「レキン イエ バホット マヘンガー へ。 ディスカウント カロー?」
Lekin yah bahut mahangaa hai. Discount karoo?
「450」
Car sau pacaas
「ハーン。」(立ち去り)
Haam
「ローコー!(待って!)400」
Rookoo!
「アゥル クチュ カム カロー?」
Aur kuch kam karoo?
※「ナヒーン!アガル アゥル クチュ カム キヤー、 トー メーリー ジンダギー ムシュキル ホー ジャーエンギー」
Nahiim! Agar aur kuch kam kiyaa, too meerii jindagii muśkil hoo jaaeegii.
「ティーク へ。 イエ ロー」(お金払う)

単語単語は上で説明してきたものをできるだけ使ってみたので上を確認してもらえば内容は把握できるかな、と思います。
最後の※の文ですが、
「無理だよ!これ以上安くしたら生活が成り立たないよ!」のようなことを言っています。

「アガル(agar)」が「もし」で条件節を作り、「トー(そうなったら)」とセットで使います。`If~~~, then...`のような組み合わせです。
「キヤー」は動詞「カルナー(する)」の完了形で「した」という意味になります。
「ジンダギー(jindagii)」には「生活・人生・生命」と「生」に関する単語です。

大学のクラスで女の子たちが

・アープ メーリー ジンダギー ヘン  You are my Life.
Aap meerii jindagii hain
と言い合って遊んでたのを思い出します。おしゃれな日本語にできたらいいんですけどね。
「私がお箸ならあなたはお茶碗」ってのもおしゃれじゃないですね。
「あなたが全てなの」がベタな日本語かなぁとは思いますが。
ちなみに`I love you`は

・マェン アープ セー ピャール カルター[カルティー] フン
Main aap se pyaar kartaa [kartii] huun
です。

「ムシュキル (muśkil)」は「難しい」という意味です。
「ホー ジャーエンギー」で「~になってしまうだろう」という未来を表す表現で、未来形に関してはまたご紹介させていただければと思います!

それでは今回も長くなりましたが最後までお読みくださりありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします!

松田琢哉

単語帳(22).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

(23) 完了形

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにてお送りしています。

この前会社の同僚と話をしていて「あいつは社長のいとこなんだぜ」と教えてくれました。社長さんは`Gupta`さんでそのいとこさんは`Aggarwar`で苗字違うじゃない、と聞くと「GuptaとAggarwarは近いんだ。俺もAggarwarだけど別にGuptaって名乗っても一緒さ。」とのこと。一緒ではないでしょ!と突っ込みを入れましたが彼は笑顔のままで。GuptaもAggarwarも商人カーストとのことです。
結婚に関してもカーストが関係してくるので親戚にも同じ名前が多いんですね。日本だと親戚でも全然違う苗字というのも普通ですもんね。
他になかなか無い苗字ってカッコいい感じがするので自分で新しく作れるのかなぁと思って調べてみるとどうやら実質無理のようです。「やむを得ない場合」には変えられるそうですがそのハードルが随分と高いようです。
ただ新しく作ってみようと考えてみるとなかなか難しいですね。
難しいです。松田がいいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、前回は習慣現在、習慣過去についてご紹介させていただきました!
今回は恐らく一番使用頻度が高いであろう「完了形(~した)」についてのご紹介をさせていただこうと思います。

習慣現在・過去では「未完了分詞+コピュラ動詞」で表していました。
未完了分詞とは動詞の語幹に「ター、テー、ティー、ティーン」をつけて表すものですね。活用語尾は「男性・単数、男性・複数、女性・単数、女性・複数」の順番です。
それで完了形は文字のごとく「 完了分詞」を使って表現します。
完了分詞も未完了分詞と同じように動詞「○○ナー」の「ナー」の部分を活用させます。

男性・単数→ アー(aa)
男性・複数→ エー(ee)
女性・単数→ イー(ii)
女性・複数→ イーン(iin)

この「アー・エー・イー・イーン」が動詞の語根の最後の子音にくっつきます。
動詞の語根が子音で終わらずに母音で終わる場合は「アー・エー・イー・イーン」が「y」の音を伴います。

例)「アーナー(来る)」の語根は「アー(Aa)」ですね。「ア」という母音で終わるためここに「アー」がまたくっつくと「アーーー」になってなんともしまりの無い言葉になります。なので「y」の音を入れるのですが下の例の通り「ヤー」以外そんなに関係ありません。

男性・単数→ アーヤー
男性・複数→ アーエー (Aaye)
女性・単数→ アーイー (Aayii)
女性・複数→ アーイーン (Aayiin)

・マェン ヤハーン タック パエダル セー アーヤー Main yahaam tak paidal se aayaa  
(私は) (ここ) (まで)(徒歩) (で)(来た) ここまで歩いてきました。


例)「ラヘナー(滞在する)」の語根は「ラハ(Raha)」ですね。「ハ」の音は次に続く音が「ア段」の場合「へ」と発音する傾向にあります。

男性・単数→ ラハー (rahaa)
男性・複数→ ラヘー (rahee)
女性・単数→ ラヒー (rahii)
女性・複数→ ラヒーン (rahiin)

・アージ カー ディン カェセー ラハー?  Aaj kaa din kaisee rahaa.
(今日)(の)(日は)(どう)(あった?) 今日はどんな日だった?

例)「ラグナー(lagnaa,くっつく・感じる)」の語根は「ラグ(Lag)」ですね。「アッチャー ラガー(acchaa lagaa)」の動詞です。

男性・単数→ ラガー (lagaa)
男性・複数→ ラゲー (lagee)
女性・単数→ ラギー (lagii)
女性・複数→ ラギーン (lagiin)

・ カェセー  ラガー?  Kaisee lagaa
(どのように)(感じた?) どうだった?

このような活用をすることが多いです。
しかし、例外も少しありまして「カルナー(karnaa,~する)」「デーナー(deenaa,与える)」「レーナー(leenaa,受け取る)」「ホーナー(hoonaa,~が生じる)」「ジャーナー(jaanaa,行く)」が代表的な例外です。
前3個はほぼ同じ活用で、「ジャーナー(行く)」は別物に変身してしまいます。

「カルナー(~をする)」「デーナー(~を与える)」「レーナー(~を取る)」
男性・単数→ キヤー(kiyaa)/ディヤー(diyaa)/リヤー(liyaa) 
男性・複数→ キエー(kiee) /ディエー(deiee)/リエー(liee)
女性・単数→ キー(kii) /ディー(dii) /リー(lii)
女性・複数→ キーン(kiin) /ディーン(diin) /リーン(liin)


「ホーナー(~が生じる)」
男性・単数→ フアー (huaa)
男性・複数→ フエー (huee)
女性・単数→ フイー (huii)
女性・複数→ フイーン (huiin)

・キャー フアー? Kyaa huaa?
(何が)(生じた?)何があったの?

「ジャーナー(~に行く)」

男性・単数→ ガヤー (gayaa)
男性・複数→ ガエー (gaee)
女性・単数→ ガイー (gaii)
女性・複数→ ガイーン (gaiin)

・アーシャー ウーパル ガイー  Aaśaa uupar gaii
アーシャーは上の階に行きました。
「ウーパル(uupar)」が「上」で、「ニーチェー(niicee)」が「下」です。アーシャーは女性名なので女性・単数で活用しています。
ちなみに、

・ウーパル セー ガヤー (Uupar se gayaa)

「上のほうに行っちゃった」で「わけが分からない」になります。
相手の言っていることが自分にではなく自分の体の上を通り過ぎていくからだとのこと。

それでですが、
完了形には大きく3つあり、未来完了・現在完了・過去完了があります。

未来形は今までにまだご紹介していないのでまたさせていただくとして、現在完了と過去完了はすぐにできます。
というのも完了分詞の後に
コピュラ動詞の現在形をつければ現在完了で「(今)~した(ところ)」
コピュラ動詞の過去形をつければ過去完了で「(過去に)~した」
になります。

コピュラ動詞のおさらいですが、英語でいうbe動詞にあたり、文末にくっつきます。
[現在形]
一人称・単数  フン(huun)  「マェン マツダ フン」・・私は松田です。
その他・単数  へ (hai)  「キャー ハール(体調) へ?」・・お元気ですか?(How are you?)
複数     ヘン (hain)  「アープ カェセー ヘン?」・・(あなたは)お元気ですか? (How are you?)

[過去形]
男性・単数  ター (thaa)
男性・複数  テー (thee)
女性・単数  ティー (thii)
女性・複数  ティーン (thiin)

上で紹介してきたものにはコピュラ動詞は付けてきませんでしたが、コピュラ動詞の現在形が隠れていると思ってください。
あってもなくてもそれほど変わりません。
しかし、「昨日あそこでご飯食べたんだ~」という風に今のことではなく過去に行った行為については、それが過去にしたと明確にするためにコピュラ動詞の過去形をくっつけないといけません。

例)マェン カル   ウス  レストラン   ガヤー ター 
 (私は)(昨日)(あの)(レストランに)(行き)(ました)
  「私は昨日あそこのレストランに行きました。」
  Main kal us restaurant gayaa thaa
「カル(kal)」は「昨日・明日」という意味です。「おととい・あさって」は「パルソーン(palsoom)」です。
「ガヤー」は「ジャーナー(~に行く)」の男性・単数の過去形です。「ジャーナー(~に行く)」の前の「ウス レストラン」は後置格形になっていますが、「ジャーナー(~に行く)」の前に場所を表す言葉が出てきたらそれはもう後置詞などは置かずに後置格にしてしまいましょう、というルールがあります。
なので本来は「ヴォ レストラン」というのが後置格化して「ウス レストラン」になっています。
それで、昨日のことなので最後にコピュラ動詞の過去形である「ター」をつけています。

過去完了と現在完了の違いとしてはコピュラ動詞の過去形(ター・テー・ティー・ティーン)を最後に置くか置かないかの違いだけです。
なので完了形はほんとにシンプルなものなのですが、次回は「自動詞・他動詞」の完了形の変化についてご紹介させていただければと思います!
文法・表現で何かご質問があれば何でもご連絡ください!

それでは最後までお読みくださりありがとうございます!

松田琢哉

単語帳(23).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

(24) 他動詞の完了形

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにてお送りしています。

僕の前のルームメイトのチェンナイのおじさんは「朝起きて仕事して帰って寝るだなんてロボットみたいな生活はイヤだ」と言って毎晩パソコンでゲームしたり映画を見たりという人でした。今のグジャラートのおじさんは「朝ジムに行って体を鍛えると何にでも積極的になれるんだ」と朝早起きなので夜は10時半ぐらいに寝ます。
グジャラートのおじさんは寝る前にお白湯を飲むのが習慣で僕も飲まさせてもらっていますがお白湯っておいしいですね。
初めて飲んだとき感動しました。ただの暖めたお湯なのになんかおいしい!みたいな。
おじさん曰く「Drink hot water as much as you can before going to bed!」とのことでお白湯を飲むことで内臓が温められて消化が良くなり、さらに飲んだ分だけ体が新鮮になるんだとか。お白湯を飲む醍醐味はお白湯が喉を通って胃に入っていくまでにそのお白湯の流れを感じることです。喉元過ぎれば熱さを忘れると言いますが熱を感じます。健康にも良いと思うので是非お試しになってはいかがでしょうか。
ただトイレに行く回数は増えます。トイレに行きたくなって起きることもしばしばですがデメリットはそれぐらいなんじゃないかなぁと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

前回は完了形についてご紹介させてもらいました!
動詞の語根の最後の子音に「アー・エー・イー・イーン」を付けると「~した。」という過去を表す表現になります。
動詞の語根が母音で終わる場合は「ヤー・エー・イー・イーン」をつけます。
主語が女性・複数の場合の活用語尾「イーン」はコピュラ動詞をつけないときにのみ使用します。
コピュラ動詞のおさらいですが、

[現在形]
一人称(私)  フン (huun) ・マェン マツダ フン       「私は松田です」
その他単数   へ   (hai) ・ヴォ バホット スンダル へ   「彼女はとても美しいです」
その他複数   ヘン  (hain) ・アープ キャー カルテー ヘン  「あなたはお仕事は何をされているのですか?」

[過去形]
男性・単数   ター (thaa)
男性・複数   テー (thee)
女性・単数   ティー (thii)
女性・複数   ティーン (thiin)

で主語に対応して形を変えます。コピュラ動詞は「~である。~にいる。」を意味し、その文が現在のものなのか過去のものなのかも教えてくれます。

なので前回最後の方にご紹介した現在完了・過去完了を分けるのはコピュラ動詞が現在形か過去形かで分けることになります。

・マェン アビー ヤハーン アーヤー フン  「今ここに着いたところです。」
(Main abhii aayaa huun)
・マェン カル ヤハーン アーヤー ター   「昨日ここに来ました。」
(Main kal yahaam aayaa thaa)
この2つの例文のように「フン」と「ター」の使い分けによって時制が変わってきます。
「アビー」は「今」の強調版で「今すぐ、丁度」などの意味があります。「カル」は「昨日・明日」と両方の意味があります。
「アーヤー」は動詞「アーナー(aanaa,来る)」の完了形です。
「ヤハーン(yahaam,ここ)」「ヴァハーン(vahaam,あそこ)」「カハーン(kahaam,どこ)」ですね!場所を表す言葉は大事ですので覚えておいてくださいね!

例)ヴァハーン ジャーオー! Vahaam jaao!    「あっちに行くんだ!」
  
  ヴァハーン トー カハーン へ!? ヤハーン ナヒーン? Vahaam to kahaam hai!? Yahaam nahiim?   
「あっちってどこよ!?ここじゃないの?」 のような感じです。

それで今回は「自動詞」「他動詞」で完了形の使い方が変わってくるのでその使い方をご紹介させていただきます。
まず「自動詞」とは「目的語をくっつけられない動詞」です。「ジャーナー(jaanaa,行く)」、「アーナー(aanaa,来る)」、「ソーナー(soonaa,眠る)」などなどです。
「他動詞」とは「目的語がないと何が?何を?となるような動詞」です。「カルナー(karnaa,~をする)」「デーナー(deenaa,~を与える)」「カーナー(khaanaa,~を食べる)」

今までは自動詞しか例に持ってきていませんでしたが、今回他動詞の使い方をご紹介するので完了形はこれでほぼほぼ完璧ですね!

他動詞の完了形に登場してくるのは後置詞「ネー(nee)」です。
この後置詞「ネー」は他動詞の完了形にしか用いないので活躍の場は他の後置詞に比べて少ないですが、「ネー」が聞こえたら「あ、これから他動詞の完了形が出てくるんだな、起こったことの話をするんだな」という風に察しがつきます。
使い方としては意味上の主語にくっつけます。
例えば「私はご飯を食べました」という文ならば、主語は「私」ですよね。しかし他動詞の完了形では「私」は意味上の主語と捉えられ、文法上の主語は目的語の「ご飯」になります。だからなんだ、という話ですが、動詞の活用は文法上の主語に左右されますので文法上の主語というのはなかなか大事な役割を持っているんですね。
つまり「食べました」という動詞の活用は目的語の「ご飯」を主語にして変化するということです。

・マェン ネー カーナー カー リヤー Main nee khaanaa khaa liyaa  「私はご飯を食べました」

「マェン(私は)」の後に後置詞「ネー」をつけました。「マェン ネー」は「マェネー(mainee)」に聞こえますので「マェネー」と言うと良いのではないでしょうか。
後置詞「ネー」をつけた時点で「ネー」に繋がる部分は修飾部になるので主語にはならなくなります。
なので動詞は主語がいなくなってしまったので目的語を主語代わりにするしかなくなったのです。
この例文での目的語は「カーナー(ご飯)」で男性・単数なので動詞も男性・単数の形で活用されます。
動詞は「カー リヤー」で「カーナー(食べる)」と複合動詞として「レーナー((自分のために)~する)」が組み合わさっており、活用しているのは「レーナー」の部分ですね。
「レーナー」の完了形の活用は「リヤー・リエー・リー・リーン」で「カーナー(食事)」に合わせて男性・単数の活用をしています。

・アビー タック トゥム ネー イエ  カーム  ナヒーン キヤー へ? 「君はまだこの仕事をしていないのですか?」
(今)(まで) (君は) (この)(仕事)(否定辞)(~をした)(現在) 
Abhii tak tum nee yah kaam nahiim kiyaa hai?    
(ヒンディー語日本語辞書付録ページより)

この文章も意味上の主語は「トゥム(君)」ですが、後置詞「ネー」がついていますね。
文法上の主語は「イエ カーム(この仕事)」で男性・単数なので動詞「カルナー(~をする)」の完了形の「キヤー」に活用します。
「アビー タック ~ ナヒーン(まだ)」があるので時制は現在と分かり、最後にコピュラ動詞の現在形がついて現在完了の疑問文となっています。

完了形はこのような使い方をします。
日常で使うような表現としては

・カー リヤー khaa liyaa 「食べた」
・ピー リヤー pii liyaa  「飲んだ」------------------------------動詞「ピーナー(飲む)」
・ホー ガヤー hoo gayaa 「終わった」----------------------「ガヤー」の原形は複合動詞としての「ジャーナー(~になっちゃう)」動作が終わる様子
・アー ガヤー aa gayaa 「お、来た来た」
・サムジュ ガヤー samajh gayaa「分かった」-------------------動詞「サムジュナー(理解する)」※この表現はよく使います!
・ウスネー カハー…us nee kahaa thaa,,,「彼/彼女が言うには…」-------------「ネー」は後置詞なので「ヴォ(vah,彼/彼女)」は後置格形の「ウス」になります。
・キスネー イエ キヤー? kis nee yah kiyaa「これ誰がやったの?」---「キスネー」は「誰が~したの」の主語になります。
・マェネー キヤー mainee kiyaa「私がやりました」

このように上に列挙しましたが全て男性・単数形です。
他動詞の後置詞の良いところはほぼほぼ動詞の活用が男性・単数になることです。
そのように単純なところもありますが意味上の主語に「ネー」をつけるのを忘れないでくださいね。
つけなくっても十分伝わるので問題ないっちゃ問題ありませんがあるにこしたことはありませんので。

時制が分かるといつのことを話しているのかが分かり相手の話の内容を整理しやすくなると思います!
ヒンディー語で受け答えをすると彼らも何か便利な表現を教えてくれることと思いますのでどんどん話していってくださいね!
それでは最後までお読みくださりありがとうございます!

松田琢哉
単語帳(24).jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

(25) 時制の振り返り

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにてお送りしています。

6月にムンバイに行ったとき営業のアポイントメントが取れず飛び込みで回っていたときの話なのですが、自分で作ったリスト通りに企業さんを探しているとどう見ても会社ではないだろうという場所に着きました。そこは古めのマンションで部屋番号を何度確かめても普通のインド人の家族が中でくつろいでいました。リスト作ったときに住所間違えたのかなぁと思い帰ろうと思いましたが一応確認するだけしてみようと思いインターフォンを押すことに。お家に入れてもらって話を聞くとどうやらそこのお家は住所をその会社宛ての郵便物が届くための場所として貸していたそうです。そんなこともあるんだぁと思いながら話をしていると丁度お昼時だったのでご飯も食べさせてもらいました。その時に「こんなに親切にしてもらってありがとうございます」と言うと何か呪文のような言葉を唱えられたんですね。
それで最近会社の同僚に何かで「ありがとう」というと彼は「アティティ デヴォ バヴァ」と言いました。これを聞いてムンバイのあの親切なご家族を思い出しましてこれを彼らは言ってたんだ!と思い出しました。この「アティティデヴォ バヴァ」の意味は「来客は神様のようなものである」というような意味でインド風の「おもてなし」の精神なんですね。インドの観光省(庁?)のキャンペーンの「Incredible India!」と並んで「Atithi Devo Bhava」があり俳優のアーミール・カーンさんが観光大使さんとのことです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて前回は完了形の自動詞・他動詞のちょっとした使い分けをご紹介させていただきました。
完了形の他動詞を用いる場合は主語に後置詞の「ネー(nee)」をつけて動詞の活用は目的語の性・数に影響されます。

今回は今までにご紹介した時制のまとめをしておさらいをしたいと思います。
今までにご紹介してきたのは

・コピュラ動詞の現在形・過去形
・動詞の現在形・過去形
・動詞の現在進行形(・過去進行形)
・動詞の完了形(・現在進行形・過去進行形)

以上の大きく分けて4種類です。

①コピュラ動詞
コピュラ動詞は英語でいうBe動詞にあたり、I→am、 He→is、 We→areと同じように主語に対応したバージョンがあります。
意味もBe動詞とほぼ同じで「様態(~である)、存在(いる、ある)」という意味で、文末に付けてあげます。

・現在形
 一人称・単数→フン(am)  マェン マツダ フン            「私は松田です。」
(Main Matsuda huun)
 単数形   →へ (is)  ラージュー トー アッチャー アードミー へ  「ラージューは良い人です。」
(Raaju to acchaa aadmii hai)
 複数形   →ヘン(are)  アープ バホット スンダル ヘン      「あなたはとても美しいです」
(Aap bahut sundar hain)
 基本的には上の3つですが主語が「トゥム(tum.きみ)」の場合は「ホー(ho)」になり、合計で4種類のコピュラ動詞現在形があります。
 
 ・トゥム カハーン パル ホー?  「君はどこにいるの?」
(Tum kahaam par ho?)
・過去形
 男性・単数→ ター    ラージュー ヤハーン ター      「ラージューはここにいたよ」
(Raaju yahaam thaa)
 男性・複数→ テー    アープ カハーン テー?       「あなたはどこにいたの?」
  (Aap kahaam thee)
女性・単数→ ティー   アーシャー カル ナヒーン ティー   「アーシャーは昨日いなかったよ」
(Aaś kal nahiim thii)
 女性・複数→ ティーン  ヴェ ラルキヤーン カハーン ティーン? 「あの女の子達はどこにいたの?」
(Ve laṛkiyaan kahaam thiin?)
 「ヴェ(ve)」は「ヴォ(vah,あれ・彼・彼女)」の複数形で後置格になると「ウヌ(un)」になります。単数形の「ヴォ(vah)」の後置格は「ウス(us)」です。
 「ラルキヤーン」は「ラルキー(laṛkii女の子)」の複数形で、女性複数はその集団に男が一人でも混ざっていると男性複数として扱うので女性複数の形はあまり多くは無いです。

②動詞の現在形・過去形
まずこの動詞の活用形の概念としては「(普段)~している」という習慣的なものであり、瞬間を切り出した現在進行形の「~している」ではありません。
他の意味としては「今すぐに~する」という意味もあります。
作り方としては「未完了分詞+コピュラ動詞」の組み合わせとなります。

未完了分詞の作り方は動詞の活用語尾、つまり動詞は「○○ナー」という形を取り、この「ナー」の部分が活用語尾です。その活用語尾を「ナー」ではなく「ター」に変えてあげることで作られます。

男性・単数→ター taa
男性・複数→テー tee
女性・単数→ティー tii
女性・複数→ティーン tiin

このように語尾変化します。この活用はコピュラ動詞の過去形の活用とほぼ一緒です。厳密に言うとコピュラ動詞の活用形は「tha」で未完了分詞の活用語尾は「ta」で「h」の音の有無が違いとなります。「h」の音の違いといっても強く読む・読まないの違いでほとんど同じ音に聞こえます。
この未完了分詞とコピュラ動詞の組み合わせにより習慣現在・習慣過去を表せるようになるのです。

・現在形
 男性・単数→マェン ヤハーン パル カーム カルター フン「私はここで仕事をしています。」
                  (仕事)(をしています)
       (Main yahaam par kaam kartaa huun)
       ラージュー ディッリー メン ラヘター へ 「ラージューはデリーに住んでいます。」
                     (滞在している)
(Raajuu Dilli men rahataa hai)
 男性・複数→アープ ナーシュター メン キャー カーテー ヘン? 「あなたは朝食に何を食べていますか?」
           (朝食)     (何) (を食べている)
(Aap naaśtaa men kyaa kaatee hain)
 女性・単数→アーシャー メトロ セー アーティー へ  「アーシャーはメトロで来ています。」
               (で) (来ています)
(Aaśaa metro se aatii hai)
 女性・複数→ルパーリー アゥル ディッパー ジャーパーニー アッチェー セー ボールティー ヘン 
「ルパーリーとディッパーは上手に日本語を話します。」
  (Rupaalii aur Deepa Japanee acchee se booltii hain)
「アッチェー セー」で「アッチャー(良い)」の副詞となり、動詞「ボールナー(話す)」の女性・単数の「ボールティー」と活用しています。
 ルパーリーもディッパーも女性の名前で活用形は女性・複数となるはずですが、最後に複数形のコピュラ動詞「ヘン」をつけることで帳尻を合わせています。
 女性・複数の形が出てくるのはコピュラ動詞がつかない時だけです。
 動詞が女性・複数に活用されてコピュラ動詞も複数形という組み合わせは出てきません。
 例えば否定文の場合は現在形に限りコピュラ動詞を省略できるのでその場合は女性複数の活用形の出番となります。 

・過去形
 習慣現在を習慣過去にするには上に挙げた例のコピュラ動詞の現在形をコピュラ動詞の過去形にするだけです。
 そうすることで「(当時は)~していた」という文に変わります。 

③進行形
進行形は「(今ちょうど)~している」という意味を出す表現です。
それに加えて「~するつもりである」という予定も表すことができます。
作り方としては三段階になっており、「動詞の語根+ラハー+コピュラ動詞」のこの三つのパーツで作ります。
まず「動詞の語根」に関してですが、動詞の「○○ナー」の「○○」の部分です。例えば「カルナー(~をする)」の語根は「カル」です。語根に活用は無いのでほんとにシンプルですね。
「ラハー」は進行形を作るための心臓みたいなもので「ラハー」があるからこその進行形です。
それでこの「ラハー」には活用があり、月並みな活用ですが

男性・単数→ラハー (rahaa)
男性・複数→ラヘー (rahee)
女性・単数→ラヒー (rahii)
女性・複数→ラヒーン (rahiin)

のような活用です。
・現在形
現在形は「動詞の語根+ラハー+コピュラ動詞=進行形」の方程式のコピュラ動詞を現在形で用いることで「現在進行形」を作れます。

 男性・単数 マェン ヴァハーン ジャー ラハー フン Main vahaam jaa rahaa huun   
 「(私は)今そこに向かっているところです」
 
男性・複数 アープ キャー カル ラヘー ヘン?   Aap kyaa kar rahee hain?   
「(あなたは)何をやっているところですか?」

 女性・単数 アーシャー ポーン セー バート カル ラヒー へ Aaśaa phone se baat kar rahii hai  
            (電話)(で)(会話)(をしている)
「アーシャーは電話をしています」

 女性・複数 アーシャー アゥル ディッパー カーナー カー ラヒー ヘン
Aaśaa aur Deepa Khaanaa khaa rahii hain
「アーシャーとディッパーはご飯を食べるところです。」

このような使い方です。適宜「アブ(ab,今)」、「アビー(abhii,今ちょうど)」を付け加えることで現在進行形らしさが深まります。

・過去形
過去進行形の作り方はほぼ現在進行形の作り方と同じで、コピュラ動詞の現在形をコピュラ動詞の過去形に変えることで表せます。
活用もセットで覚えると楽かもしれませんね。

男性・単数→ラハー ター (rahaa thaa)
男性・複数→ラヘー テー (rahee thee)
女性・単数→ラヒー ティー (rahii thii)
女性・複数→ラヒー ティーン (rahii thiin)

これの前に動詞の語根をくっつけると過去進行形の出来上がりとなります。
「タブ(tab,その時)」などを使うとより過去進行形を使いこなせているプロのような雰囲気を醸しだせます。

④完了形
完了形はその時点において終了したことを表すために使われます。
意味としては「~した」というよくある過去を表す表現です。習慣過去は過去の一定の期間やり続けていたことを表す一方で、完了形は単に終わったことを表します。これに加えて「今すぐに~し終えます」というような意味もあります。
作り方としては完了分詞を使って表します。
完了分詞の作り方は「語根+アー・エー・イー・イーン」となります。

例「チャルナー(動く)」(語根が子音で終わる場合)   例「アーナー(来る)」(語根が母音で終わる場合)
男性・単数 チャラー (calaa)               男性・単数 アーヤー (aayaa)
男性・複数 チャレー (calee)               男性・複数 アーエー (aaee)
女性・単数 チャリー (calii)                女性・単数 アーイー (aaii)
女性・複数 チャリーン(callin)               女性・複数 アーイーン(aaiin)

このような変化をします。
みんな規則どおりに変化していってくれれば良いのですが中には不規則活用をする動詞もあります。

例「カルナー(~をする)」「レーナー(~を受け取る)」「デーナー(~を与える)」「ジャーナー(行く)」「ホーナー(生じる)」

男・単   キヤー(kiyaa) リヤー(liyaa)    ディヤー(diyaa)   ガヤー(gayaa) フアー(huaa)
男・複   キエー(kiee)  リエー(liee)     ディエー(diee)    ガエー(gaee)  フエー(huee)
女・単   キー(kii)    リー(lii)      ディー(dii)      ガイー(gaii)   フイー(huii)
女・複   キーン(kiin)  リーン(liin)     ディーン(diin)    ガイーン(gaiin) フイーン(huiin)

それぞれこのように活用します。
以上が大体の動詞の完了形における活用となります。
これに主語をつけて「今終わった」というのを強調したい場合には語尾にコピュラ動詞の現在形をつけ現在完了にします。ただ現在完了の場合は別にコピュラ動詞はつけなくてもかまいません。しかし過去に起こったことを言及する場合は必ずコピュラ動詞の過去形をくっつけないといけません。「昨日大きいモールに行ったよ」のようなときです。
完了形のときに気を配らないといけないのは動詞が自動詞か他動詞かということです。

・自動詞
 男・単 マェン アビー オフィス アーヤー フン Main abhii office aayaa huun     
「たった今オフィスに着きました。」
 男・複 アープ カル ビッグ モール ガエー テー キャー? Aap kal big mall gaee thee kya?  
「(あなたは)昨日大きいモールに行きましたか?」
 女・単 キャー バート フイー?(バート:問題 が女性名詞です)Kyaa baat huii
「何が起こったの?」
 女・複 ラルキヤーン ソー ガイーン   Laṛkiyaan soo gaiin          
 「女の子たちは眠りに着きました。」
          (寝る)(~してしまう)※「ジャーナー」の完了形

このように動詞が自動詞の場合は動詞の活用は主語に影響されます。
しかし他動詞の場合は少し違います。

・他動詞
他動詞の完了形の場合、動詞の活用は目的語の性・数に影響されます。
というのも他動詞の完了形の場合は主語に後置詞「ネー(nee)」をつけるという決まりがあり、後置詞がついてしまうと後置格になってしまい文の主要素ではなくなってしまうからです。主語が文法上主語の役割を果たせなくなったので代わりに目的語を文法上の主語にしてしまいます。

「カーナー」・・・ご飯、男性名詞、単数
・マェネー(マェン ネー)  カーナー カー リヤー Mainee khaanaa khaa liyaa
「私はご飯を食べました。」

・アーシャー ネー カーナー カー リヤー Aaśaa nee khaanaa khaa liyaa      
「アーシャーはご飯を食べました。」

このように動詞の活用は「カーナー」を意識した活用となります。

「バート」・・・会話・問題・事柄、女性名詞、単数

・マェネー イエ バート カヒー キ・・・ Mainee yah baat kahii ki...
「私が言ったのは・・・」

・アーシャー ネー イエ バート カヒー キ・・・ Aaśaa nee yaha baat kahii ki...
 「アーシャーが言ったのは・・・」

このように「私」「アーシャー」という主語の性・数に関係なく目的語である「バート」に他動詞「カヘナー(~を言う)」が活用されています。


以上時制の振り返りをさせていただきました!
時々にでも使ってみて身に付けていってもらえればインド生活をより楽しんでいただけるかとおもいます!
今回も長くなりましたが最後までお読みくださりありがとうございます!
何かご質問等ございましたら何でもお知らせください!

松田琢哉
単語帳(25).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

(26) 不確定未来

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにてお送りしています。

先日僕が住んでいるPG(Paying Guest)の大家さんの誕生日パーティがありました。みんなで1時間半ほど車に乗って北デリーの方からHaryana州に行き「Sheesh Mahal」というレストランでお祝いです。ただ車に余裕が無く5人乗りの車に7人乗り、大家さんの従兄さんが運転していたのですがまさかのビールを飲みながら運転していました。これは本当に死ぬんじゃないかと一人思っていましたが他のみんなは何も気にしていない様子。無事会場に着きお祝いがスタートして30人ぐらいが集まってのパーティでした。お料理もおいしくワイワイしてて楽しそうな雰囲気だったのですがうちのPGメート達が少し口論っぽくなって(料理の取り合いで)距離ができてしまいました。それで帰りの車に乗ったとき例の5人乗りの車に5人乗った状態で出発したのです。まだ出発しちゃいけないよ!と言うと「他にも車があるから大丈夫さ」とのこと。しかしその他の車というのも4人乗りの車に既に5人で乗って来ていた車だったので定員オーバーも甚だしいところ。
結局そのままPGに帰り朝を迎えました。彼らの話を聞いてみると「窮屈だったけどみんな寝てたから大丈夫だったよ」とのことでそれで良いのかなぁっていう感じです。「Sheesh Mahal」は「ガラスの宮殿」という意味とのことできれいなところでした。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、前回はこれまでにご紹介した時制のまとめをさせていただきました。
今回はインドの挨拶と関連付けてまた別の表現をご紹介させていただければと思います!

ヒンディー語の挨拶と言えば「ナマステー(namastee)」「ナマスカール(namaskaar)」ですよね。
これを言いながら相手の足元を触り自分の額と胸にその手を当てるというのが最高敬礼になります。
意味合いとしては相手の足についた埃を自分の頭につけて、あなたは私の上の方です、というものだと思います。
ただこれは丁寧すぎるので相手が途中で止めてくることが多いです。なので省略版として相手の足の方に手を伸ばして額と胸に手を戻す、というのが多いです。
それでその挨拶をやられた側としては、相手の頭の上に手をかざし「クシュ ラホー(khuś rahoo)」と言います。「幸運がありますように」というような意味合いです。
「クシュ」が「喜び」で今回はこの「ラホー」という表現方法に関しての説明をさせていただきたいと思います。

これは不確定未来という表現で文字通り「不確定な未来」に関するものです。
意味はいろいろあり、推測(~だろうか)・依頼(~してほしい)・願望(~してほしい)・条件(~するならば)・仮定(~するならば)などがあります。

それでこの不確定未来の活用なのですが、動詞「○○ナー」の「ナー」を除いた「○○」の部分、つまり語根に活用語尾が加わります。
例えば動詞「カルナー(karnaa,~をする)」の語根は「カル(kar)」です。
活用に男女の性別は関係なく人称・単複によって活用形が決まります。

一人称・単数(マェン) →語根+ウーン 例)カルナー (~をする) → カルーン (karuun)
三人称・単数(ヴォ) →語根+エー  例)カヘナー (~と言う) → カヘー (kahee)

一人称・複数(ハム) →語根+エーン 例)チャルナー(動く) → チャレーン (caleen)
二人称・複数(トゥム) →語根+オー  例)ラヘナー (滞在する) → ラホー (rahoo)
二人称・複数(アープ)→語根+エーン 例)ジャーナー (行く) → ジャーエーン(jaaeen)
三人称・複数(ヴェ) →語根+エーン 例)カーナー (~を食べる)→ カーエーン (khaaeen)

このような感じです。
二人称にかんしては単数を抜かしています。二人称は3つあって「トゥー(tu,お前)」「トゥム(tum,きみ)」「アープ(aap.あなた)」の一つ目の「トゥー(お前)」だけが単数扱いとなり「トゥム(きみ)」「アープ(あなた)」は複数扱いとなります。「トゥー(お前)」の使用頻度はあまり高くないので省きましたが「トゥー(お前)」に対応する活用は「語根+エー」です。
ということで、まとめると
単数形は基本的に「語根+エー」で一人称だけ「語根+ウーン」になり、
複数形は基本的に「語根+エーン」で「トゥム」だけ「語根+オー」になります。

ただやはり例外も出てきます。
「デーナー(deenaa,~を与える)」「レーナー(leenaa,~を受け取る)」「ホーナー(hoonaa,生じる)」

            デーナー     レーナー     ホーナー

一人称・単数(マェン)  ドゥーン     ルーン      ホーウーン
三人称・単数(ヴォ)    デー       レー  ホー

一人称・複数(ハム)    デーン      レーン  ホーエーン
二人称・複数(トゥム)   デー        レー  ホー
二人称・複数(アープ)   デーン      レーン ホーン
三人称・複数(ヴェ) デーン       レーン ホーン

このような感じです。それでは実際にどんな言い回しをするのかですが、まずは最初の
「クシュ ラホー」です。
「ラホー」は動詞「ラヘナー(rahanaa,~が生じる)」の「トゥム(きみ)」に対応する不確定未来の形です。
直訳すると「(いつか将来に)幸福が生じるだろう」となり、ここから願望もしくは推定に近い意味と捉えて「幸せが訪れますように」というぐらいの訳になると思います。ただ詳しい意味など考えずにうやうやしく挨拶されたら「クシュ ラホー」と返せば良いのだと思います。

他によく使うのが
「チャレーン」です。
「チャレーン」は動詞「チャルナー(calnaa,動く)」の複数形に対応する不確定未来の形です。
使う場面としては、さぁそろそろ帰ろうか、という時に「帰ろうよ」という意味で使います。
他にも「チャレーン」はトイレに行きたいときに小指を立てて「チャレーン?」で「トイレに行っても良いですか?」になります。
友人間での砕けた言い方ですね。
「チャルナー」には「(みんなで一緒に)動く」というニュアンスが含まれているので主語も「私」オンリーになることが少なく「私たち」を主語とすることがほとんどとなります。なので、自分ひとりで行くときでも複数形の「チャレーン」を使うんですね。

あと以前メトロの車内放送アナウンスを引用して紹介した言葉で

・クリパヤー ダルワーゾーン セー ドゥール ハットゥカル カレー ホーン
(お願いです)(ドア)   (から)  (離れて)   (立って)(ください)
Kr̥payaa darvaazoon se duur haṭkar khaṛee hoon

がありました。
それで「ホーン」ですが動詞「ホーナー(生じる)」のおそらく「アープ」に対応する複数形の活用形ですね。
このアナウンスでは‘依頼‘の意味で使われています。

他には「(私たちは)どうしたら良いんですか??」の意味合いで
「キャー カレーン?(kyaa kareen?)」というのもよく使います。
「カレーン」は動詞「カルナー(karnaa,~をする)」の「ハム(ham,私たち)」に対応する活用形です。「キャー」は「何」ですね。
「キャー カレーン」は「どうしたら良いと思う?こうしたら良いんだよ」の「どうしたら良いと思う?」の部分でよく使われます。
‘私はどうしたら良いのですか?‘になると「キャー カルーン?(kyaa karuun?)」という風に主語に対応させます。

次回は不確定未来の1段階強い‘普通の‘未来形をご紹介させていただければと思います!
不確定未来で何か言われた場合はその話者に自信が無いということですので他の人にも聞いてみた方が良いかと思われます。
不確定未来と未来形の違いは簡単なものなので未来形がどんなものか分かると不確定未来に対する理解も深まることと思います。
それでは今回も最後までお読みくださりありがとうございます!
何かご質問等ございましたらいつでもお知らせください!

松田琢哉
単語帳(26).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

(27) 未来形

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにてお送りしています。

以前インドの観光キャンペーンの1つである「アティティデヴォ バヴァ(お客様は神様だ)」というスローガンをご紹介しましたが、それに付け足しで「アティティ(客)」に関してです。「アティティ」の意味は「客」ですがその語源を考えると「ア(否定辞)+ティティ(日付)」なんですね。この組み合わせが意味するのは「いつ来るか分からないし、いつ帰るか分からない」ということでこの言葉には「厄介者」というようなニュアンスも含まれるようです。日本語にも普通の意味と皮肉がこもった言葉というのはあるかなぁと考えてみますが何があるでしょうか。「独特」なんかはどうでしょうか。「独特な人」と言えば「他の人と違う価値観を持った人」と「変人」というような意味をもつのかなぁと思います。「ア(否定辞)+ティティ(日付)」これを見て思ったんですけども郷ひろみの「Golden Finger `99」みたいですね。「アティティデヴォ バヴァ」もちょっと無理があるかもしれませんが「アーチーチ アーチー」に乗せて言ってみるとちょっと言いやすいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて前回は不確定未来という時制をご紹介させていただきました。
話者が未来に関して絶対的な自信を持っていないときに「~なんじゃないかな、~してくれないかな、~にならないかな」というような意味合いをこめて使う表現です。
それで今回はその話者が自信を持って「~こうなるはずだよ、~するつもりだよ」と言いたい時に使う表現、つまり普通の未来形をご紹介します。
不確定未来と未来形の違いは話者の未来に対する自信の度合いによるので自信が無かったら不確定未来を使い、自信があるなら未来形を使います。
不確定未来と未来形は活用形が似ていますのでまずは不確定未来がどのようなものだったかのおさらいをさせていただきたいと思います。

一人称・単数(マェン:私) →語根+ウーン 例)カルナー (~をする) → カルーン
三人称・単数(ヴォ:彼) →語根+エー  例)カヘナー (~と言う) → カヘー

一人称・複数(ハム:私達) →語根+エーン 例)チャルナー(動く) → チャレーン
二人称・複数(トゥム:きみ) →語根+オー  例)ラヘナー (滞在する) → ラホー
二人称・複数(アープ:あなた) →語根+エーン 例)ジャーナー(行く) → ジャーエーン
三人称・複数(ヴェ:彼ら) →語根+エーン 例)カーナー (~を食べる)→ カーエーン

上のものは前回のものから切り貼りした不確定未来の活用です。
不確定未来の活用は人称・単複に従って活用されますが、未来形にはここに男性・女性が加わります。
なので単純に考えると上のものが2倍になるんですね。2倍になると言っても元のものにアクセサリーがくっつくぐらいの小さなものなので全然問題にならないと思います!

未来形の活用は不確定未来の活用の後ろに

男性・単数→ガー (gaa)
男性・複数→ゲー (gee)
女性・単数→ギー (gii)
女性・複数→ギー (gii)

がくっつきます。見てもらえると分かると思うのですが女性の活用は単数・複数問わず「ギー」となります。不確定未来の活用の方で単数・複数が分かるので未来形で更に区別させる必要はないということでしょう。
ということで、動詞「カルナー(~をする)」を例にして全ての活用形を書き出してみると、

                     不確定未来      未来形
一人称・単数(マェン) →語根+ウーン  →  カルーン  男性 → カルーンガー
                            女性 → カルーンギー
三人称・単数(ヴォ) →語根+エー   → カレー  男性 → カレーガー
                         女性 → カレーギー

一人称・複数(ハム) →語根+エーン  → カレーン   男性 → カレーンゲー
                           女性 → カレーンギー
二人称・複数(トゥム) →語根+オー  → カロー   男性 → カローゲー
                         女性 → カローギー
二人称・複数(アープ)→語根+エーン  → カレーン  男性 → カレーンゲー
                            女性 → カレーンギー
三人称・複数(ヴェ) →語根+エーン → カレーン  男性 → カレーンゲー
                          女性 → カレーンギー

以上活用の種類は不確定未来の2倍となりますが内容も同時に2倍となるということではなく、内容は1.1倍ぐらいにしか増えません。
インド人の会話で「ガー・ゲー・ギー」が聞こえたら「あ、これからのことを話しているんだな」という風に察しがつきます。

例)メトロのアナウンス

・イエ ガーリー ムンドゥカー タック ジャーエーギー Yah gaaṛii Mundkaa tak jaaeegii 
(この)(乗り物)(地名) (まで)(行きます)「この電車はムンドゥカー行きの電車です。」

この文章の主語は「イエ ガーリー(yah gaaṛii,この電車)」で、「ガーリー(gaaṛii)」は「イー」の音で終わっていることから女性名詞だと推察できます。
それで動詞「ジャーナー(~に行く)」は主語が女性・三人称・単数なので「ジャーエーギー」となります。

例)
・カタム カル ドゥーンガー Khatam kar duungaa
(終了)(する) 「(私が)終わらしてやりますよ」

これは以前どこかでご紹介したと思うのですが、「カタム カルナー」で「終わらす」、「(カタム)ホー ガヤー」で「終わった」などなど「カタム」は終わりを意味する言葉です。
それでこの「カタム カル ドゥンガー」ですが、まずは「ドゥンガー」でこれは複合動詞としての「デーナー(deenaa,誰かのために~する)」の未来形となっています。本動詞としての「デーナー」は「~を与える」という意味です。

辞書からの引用ですが、
例)「今日こそあなたにおたずねします。あなたも返事をしないではすみませんよ。」
・アージ マェン  アープ  セー ザルール プーチューンギー Aaj Main aap se zaruur puucungii
(今日)(私は)(あなた)(に)(必ず)(質問するつもりだ)

「アージ(aaj,今日)」、「カル(kal,昨日・明日)」、「パルソーン(parsoom,おととい・あさって)」、「アージカル(aajkal,最近)」です。
前半に出てくるこの「プーチューンギー」は動詞「プーチュナー(尋ねる)」の未来形で、「プーチューンギー」となっていることから主語の「マェン(私)」が女性であることが分かります。「プーチューンギー」は未来形の女性・一人称・単数に対応する形ですね。
動詞「プーチュナー(尋ねる)」の使い方は「人+セー+事+プーチュナー」で「(人)に(事)を尋ねる」です。

→アゥル アープ    コー     ビー メーレー サワール カー ジャヴァーブ デーナー  ヒー パレーガー
(そして)(あなた)(にとりましては)(も)(私の) (質問)(の) (返答) (~を与える)(こそ)(しなければならない)
Aur aap ko bhii meeree sawaal kaa javaab deenaa hii paṛeegaa

後半はちょっと長めですね。「ビー(bhii)」は「~も」という意味で「イエ ビー」で「これも」という意味になります。ここでは新出の「パルナー」が出てきています。
「人+コー+動詞の原形+パルナー」で「(人は)~しなければならない」という使い方をするのですが、これは以前ご紹介した「チャーヒエー」と同じ使い方ですね。「人+コー+名詞+チャーヒエー」で「(人は)~が必要だ」というやつです。
それでこの文の意味上の主語は後置詞「コー」の前に来る言葉なのですが、文法上の主語は「コー」の後に来る部分になります。今回で言うと「メーレー サワール カー ジャヴァーブ デーナー」にあたります。「私の」は「メーラー」で「メーラー サワール(私の質問)」ですが、その後に後置詞「カー(~の)」がくっついているので「メーラー サワール」が後置格形に活用されて「メーレー サワール」となっています。それで結局文法上の主語は「メーレー サワール カー ジャヴァーブ デーナー(私の質問に対して答えること)」で後置詞「カー」が男性・単数の活用である「カー」のままなのでこの主語は男性・三人称・単数と考えることができます。そのため「パルナー」の未来形の活用が男性・三人称・単数に対応する「パレーガー」となるのです。

と未来形の主語と動詞の活用の一致について書かせていただきました。
「サワール(質問)」で思い出したのですが、よくネイティヴの先生の授業で
「コーイー サワール へ、 トー プーチエー(Kooii sawaal hai, too puuciee,何か質問があるなら聞いてください)」と言われていたなぁと。
「コーイー サワール へ、 トー プーチエー」響きが良いので口に出してみてください。
「プーチエー」は先ほど出てきた動詞「プーチュナー(puucnaa,尋ねる)」の丁寧な命令形です。

以上未来形のご紹介でした!時制はこれでほとんどコンプリートしたと思うので今後はそれを踏まえて一言会話表現に重点を当てていきたいなぁと思います!
今回も最後までお読みくださりありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします!

松田琢哉
単語帳(27).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

(28) 知っている

こんにちは!松田琢哉です!このメールは名刺交換をさせていただいた方へBCCにてお送りしています。

先日大学の教授がデリーに調査で来られたので同級生と一緒にご飯を食べさせていただきました。そこでお話を色々聞かせていただいて興味深かったのが「如来」についてのお話でした。まずは「パーリ語」というものをご紹介です。パーリ語はサンスクリット語の口語版のうちの1つでブッダが人々に対し話していた言葉だそうです。サンスクリットよりも簡単だったようです。今はパーリ語はタイなどの上座部仏教の聖典に生きるのみで話し言葉としては使われていないとのこと。それで如来に関してですがブッダの名前を直接口に出すことを畏れ多く感じた人々が「タターガタ」日本語でいうと「このようにおいでになった方」つまり「かくの如し来られた」で「如来」だそうです。「タターガタ」は「タター+アーガタ」に分けられるそうで「タター」が「このように」、「アーガタ」が「来られる」という意味だそうです。薬師如来の乗り物はインドの国鳥の孔雀なんですが、孔雀は毒蛇を食べるらしく食べても死なないらしいんですね。それで孔雀が毒をものともしないように薬師如来もあなたの体の毒を無いものにしてあげますよ、ということらしいです。孔雀毒蛇食べるんだ、というのが素直な感想ですが調べてみると血液に直接入れられたら死に至るような毒でも口から入ったなら別に問題ない毒というのもあるようで、ということは人も毒蛇を食べることはできるのか、と思いますが失敗したら二度目の挑戦はできなくなりそうですね。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて前回は未来形のご紹介をさせていただきましてこれからは簡単なヒンディー語会話表現とあと文化にも触れていけたらと思います!
最近日本人の駐在員さんと触れる機会が多くなりお話を聞いているとどうやらインド人と共同生活をしている人はあまりいないようですね。
今までそんな初歩的なことにも気付かず家に帰ってルームメイトとどんなヒンディー語を使うかを紹介しておりあまり実用的ではなかったなぁと思っております。。

ということで、それではどんな表現が使い勝手が良いかを考えるとですね、これはどうでしょうというのが「知ってますか?」という最も重要ではないかと思えますが、インド人があまり「分からない」と答えないところを考えるとそこまで重要ではないかもしれないけどやっぱり事実確認はしておくべきだろうというときに使える表現のご紹介です。

リキシャに乗る前に聞いたりそこらへんのおじさんに道を聞くときに使えますね。
返事が信頼できるかはまた別の話ですが。

大きく3通りの聞き方があります。

①マールーム へ?   maaluum hai?
②パター へ? pataa hai?
③ジャーンテー ヘン? jhantee hain?

この3つです。

①「マールーム へ」
これは形容詞の「マールーム(知っている)」を使った表現です。
使い方としては後置詞「コー」を使います。

(人) コー (聞きたいこと) マールーム へ キャ?   「(人)は(聞きたいこと)を知っていますか?」

というような使い方です。最後の「キャ」は疑問詞の「何、どんな」で文頭もしくは文末につけるとYes/No疑問文を作ることができます。
つけなくても語尾を上がり調子にすれば疑問文になります。

例)アープ コー インディア ゲート マールーム へ? Aap ko India Gate maaluum hai? 
「あなたはインド門を知っていますか?」
この後に

・マェン ヴァハーン ジャーナー チャーヘター フン  Main vahaam jaanaa cahataa huun   
(私は)(そこに) (行く)  (欲しい) (です)「私はそこに行きたいです。」

を付け加えたら「インド門行きたいんだけどどうやったら行けますかね?」というような意味になりますね。

後半は動詞「チャーへナー(~を欲している)」を使っています。「動詞の原形+チャーへナー」で「~したい」になります。

・ジャーナー チャーヘター フン jaanaa caahataa huun 「行きたいです」
・カルナー チャーヘター フン  karnaa caahataa huun 「してみたいです」
・カーナー チャーヘター フン  khaanaa caahataa huun  「食べたいです」

このような感じで「動詞+チャーへナー」で「~したい」です。

②「パター へ」
次の表現ですが、基本①の「マールーム へ」と一緒です。ほとんど一緒です。

(人) コー (聞きたいこと) パター へ キャ?  「(人)は(聞きたいこと)を知っていますか?」

で形は一緒なんですね。「パター」のもともとの意味に「住所」というのがあり、「パター へ?」が「住所ある?」でそこから発展して「~知ってる?」になったのかなと思います。

例)メーレー コー イス ケー バーレー メン パター ナヒーン へ 
  Meeree ko is ke baaree men pataa nahiim hai 「私はこれについては知りません。」
「メーレー コー」は「ムジェー(mujhee)」と言っても同じです。「メーレー コー」の方が省略していない分丁寧なようです。
「マールーム」も「パター」も使い方はほとんど一緒なのでここではちょっと違うものをご紹介しようと思います。
それは上にも書いている「イス ケー バーレー メン」で「このことに関して(About this)」という意味になります。
「イス」は「イエ(これ、彼、彼女[近称])」の後置格形です。「そのこと[あのこと]に関して」になると「ウス ケー バーレー メン」で、「ウス」が「ヴォ(あれ、彼、彼女[遠称])」の後置格形です。
つまるところ「○○ ケー バーレー メン」で「○○について」という表現になりますので

・ジャーパン ケー バーレー メン パター [マールーム] へ?
Japan kee baaree men pataa hai? [maaluum hai?]

で「日本のことについて知っていますか?」という意味になります。
ちなみに「パター カルナー」とすると「調査する」という意味になります。

「マールーム」と「パター」の違いとしては「マールーム」がペルシャ語由来でウルドゥー語話者によく使われ、「パター」がサンスクリット語由来でヒンディー語話者によく使われる、ということですがウルドゥーもヒンディーも文字が違うだけで口に出してしまえば同じ言語のようなものなのであまり違いに気を使う必要は無いです。

③「ジャーンテー ヘン」
これは動詞「ジャーンナー(jaannaa,知っている)」を使う表現です。「ジャーンテー」という形を見ていただくと分かるかと思いますが現在形の男性・複数に対応した活用になっています。もう一度おさらいがてら書かせていただきますね。

動詞の現在形は「○○ナー」の「ナー」を除いた語根に「ター・テー・ティー・ティーン」を「男性・単数、男性・複数、女性・単数、女性・複数」の主語に対応させて活用させたものをくっつけて「(普段)~している」を表す表現です。
例)「カルナー(~をする)」→「カルター・カルテー・カルティー・カルティーン」

それで「ジャーンナー」ですが下に例をあげてみます

例)キャー アープ    イエ  ジャーンテーヘン キ  インディアゲート カハーン へ? 
  (?)(あなたは)(これを)(知っていますか)(that)        (どこに) 
Kyaa aap yaha jaantee hain kya ki India Gate kahaam hai?「インド門がどこにあるか知っていますか?」
上の文では「あなたはこのこと知っていますか?というのもインド門がどこにあるかです。」が直訳になりますがここで登場するのはthat節の役割を持つ「キ」です。
後置詞に「カー(kaa,~の)」がありそれの女性形は「キー(kii)」ですが、このthat節の「キ(ki)」は全くの別物になります。
「キ」を使うと長めの文章が作れるようになりますね。今後色々と「キ」を使っての文章も例に挙げていきたいと思います。

「あなたは知っていますか」なら「アープ ジャーンテー ヘン」で、「私は知っています」なら「ジャーンター フン」ですね。

上に3つご紹介しましたが、使うときは簡単にシンプルに
「知ってる??」
「マールーム へ??」
「パター へ??」
「ジャーンテー ヘン??」

のようにパッと言えると通っぽいです。
僕は「パター へ?(pataa hai)」を使うことが多いです。

以上「知っていますか/知っています」をご紹介させていただきました!
語尾に否定辞の「ナ(na)」を付けると「知ってるよね??」になって迫力が増すかと思います。
短い言葉なのでどんどん使っていってくださいね!
それでは今回も最後までお読みくださりありがとうございます!

松田琢哉
単語帳(28).jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。